手作りおもちゃ

【すぐに作れる!】おうちにあるもので簡単!ラケットづくり

  • LINEで送る

牛乳パックや段ボール、ラップ芯などの家庭ごみが、保育士をしている私の目には宝物のように映り『きみたち!これから第二の人生があるよ!』と声を掛けて大事に抱えて持って帰りたくなる…。
保育士をしていると私と同じように感じたり、その宝物を大事に保管したりする方も多いのでは…と思います。

今回はそんな宝物に『第二の人生を!』…ということで。
作り方や遊び方、遊びを通して身につく力について紹介します!

【簡単!】牛乳パックと100円均一で手に入る材料でラケットを作ろう!

用意していただくのは…

  • 牛乳パック 1本
  • 段ボール
  • ビニールテープ(好きな色)なければ マスキングテープ
  • 油性ペン
  • ガムテープ(布ガムテープが使いやすい)
  • はさみ

まずは牛乳を切り開き、上下を切り落とします。

お子さんがはさみで切る時は必ずそばで見守ってくださいね!

切り開いたら牛乳パックに油性ペンでお絵描き!
自分でひと手間加えることで物に対して愛着が湧きやすくなります。
油性ペンが乾いたら、牛乳パックの角を丸く切って当たっても痛くないように配慮しましょう。

持ち手の作り方は?

持ち手は段ボールで作りましょう!
幅と厚さはお子さんの手に合わせて少し大きめにすることで握りやすくなり、操作がしやすくなります。ちなみに私はいつも幅8センチ、長さ25センチで作ります!

切った段ボールを半分に折って細長くします。
耐久性をもたせるためにビニールテープを巻いていきます。
持ち手の半分は乳牛パックで隠れて見えなくなるので、巻くのは半分くらいで十分です。

持ち手ができたら、牛乳パックに貼り付けましょう!
牛乳パックの左から1・2面の間にガムテープで上下に二か所止めます。

ガムテープがなければセロテープでも代用できますが、遊んでいるとすぐに外れてしまい、元に戻すには端をとめるビニールテープを全部外してから修理をしないといけないので少々面倒です(経験談)。
また、ガムテープはなるべく布ガムテープにしましょう!
牛乳パックの面と紙ガムテープは相性があまりよくないので、これまた外れやすいです…。

持ち手を固定したら牛乳パックの端をビニールテープ(またはマスキングテープ)で止めていきます。
一方の縦面は繋がっているので、テープで止める必要はないのですが、貼った方が統一感がでます。

完成~!!
(めいっこに代わりにお絵描きしてもらいました^^)
ラケットが出来上がったら、さっそく遊んでみましょう!

打つ玉はなにがいい?

ラケットで打つ玉は、大きさを調整しやすく軽くて打ちやすい風船がオススメです!

風船が苦手なお子さんは…

風船の感触や音、ふいに割れたことが怖くて遊べない…
そんな時は、新聞を丸めた『新聞ボール』がおススメです!

苦手な物を使うほど苦痛なことはありません!

風船の感触や音、また“割れたらどうしよう…”という不安で遊びどころではなくなってしまいます。

決して無理強いしてはいけません!!

感覚の苦手さは慣れるものではありません。
無理をすればするほど苦手意識は高まっていきます。
黒板に爪を立てて、上から下へ…。想像するだけでも背筋が寒くなる人もいれば、平気な人がいたりしますよね。
簡単に言うとそんな感覚です。
“あー!楽しかった!”“もう一回したい!”という気持ちをたくさん経験できるようにお子さんに合わせて素材を変えていきましょう!

準備ができたら…こんな風に遊んでみよう!

初めは…

一人でドリブルをして床に落とさないというルールで遊んでみましょう。まずは10回ドリブルできるかな?と簡単な目標をつくってみるとより楽しめますよ!
数人で遊ぶ時はどっちが長くドリブルできるかな?と勝負をしてみてもいいでしょう!

操作に慣れてきたら…

床にビニールテープを貼って向こう側へ落とす遊びをしてみましょう。
遊びを通して『上に打つ動作』に加えて『前後に打つ動作』も取り入れていきます。
コントロールができるようになってきたら的を作って得点制にしても楽しいですよ。
数人で遊ぶなら相手に向かって打つというゲーム性をもたせてみるとより一層盛り上がります!

遊びを通して人への意識を育ててみよう!

『相手を意識して、その人に向かって打つ』

遊ぶことに夢中になってしまい、自分のペースが強すぎてしまう…。
相手のことを意識して遊ぶことは簡単そうで意外と難しいですよね。
しかし!
打ち合いをするためには、必然的に相手を意識しないと続かないので楽しみながら相手を意識することができます。

ラケットで玉を相手に打つ!…この一つの動作で

  • ラケットと玉の距離感を図る
  • 相手の位置と距離を予測して玉を打つ力を調整する
  • 目と手を協応させて玉を打つ

一度にこれだけの情報を処理しなければなりません。
動きとしてはシンプルですが、一つ一つの動作をズームアップするとなかなか大変なことをしていることがよくわかりますね。
ちなみに…私は物の距離感が図ることが苦手なので、空振りすることがとっても多いです…。
そんな私でも繰り返しやってみると上達するので、楽しみながら練習してくださいね!
また、楽しくてテンションが上がりすぎてしまうお子さんは、数分ごとに休憩タイムをつくって程よいペースで楽しみましょう!

まとめ

自宅にある物と100円均一で手にはいる材料で簡単に作れるラケット作りを紹介しました。工程はとってもシンプルなので、短時間で完成しますよ^^

打つ玉は風船がおススメです!…が。風船が苦手な方は無理せずに違う素材で遊んでみましょう。苦手な素材や感覚はひとそれぞれです。無理せず、自分に合った遊び方を見つけていきましょう!

遊び方は、初めはドリブル。慣れてきたら、前に打つことを意識してみましょう。得点を書いた的を用意して、的に向かって打つなどのルールを作っても楽しいですよ!

遊びを通して“相手”を意識することができます。楽しく遊びながら人との関係を育てていきましょう!

お子さまのこと、1人で抱え込まれていませんか?

「なぜ?」と思うお子さまの言動は、
お子さまからの「てつだって!」「どうしたらいいの?」という
SOSのサインなのかもしれません。

気になるお子さまの発達について、
経験豊富な作業療法士・保育士がお話を伺います!

どこにどう相談すればいいのか悩まれていませんか?
お気軽にご相談下さい。

初回無料相談実施中!

 

お問い合わせはこちら