学習

言葉で説明することが苦手。言葉の土台を育む感触あそび

  • LINEで送る

リィーノにご相談に来てくださるママパパたちや、小学校の巡回相談での先生からよくご相談を受ける「言葉」のこと。特に、小学生以降になると、言葉で説明ができないと不安になられる方は多いのではないでしょうか。

よくあるご質問をいくつか挙げてみます。

語彙数が少ないんです。どうしたら増えますか。

言葉で説明するのが苦手で、
何を伝えようとしてくれているのかが分かってあげられないんです。

言葉から具体的なものや意味をイメージすることが苦手で、
文章題や読解問題の理解ができません。

「言葉で説明する」といってもいろいろなものがありますよね。
特に小学校3-4年生ごろになると、理科・社会といった教科が増え、一気に抽象的な表現が授業でも多くなり、授業に付いていくこと難しくなってしまうお子さんも多いかもしれません。

今回は、リィーノの教室で言葉での説明が苦手なお子さんと取り組んでいる「感触あそびワーク」をご紹介したいと思います。おうちで簡単にできるものなので、ぜひお休みの日に遊んでみてくださいね^^

実体験と言葉を結びつけていくことで、少しずつ言葉の理解が進み、表現することが広がってきます。

言葉を育む感触遊びワーク

小学校に入学するまでは、幼稚園や保育所、公園などで思い存分身体を動かして、何事も全身で味わいながら遊んでいることが多いと思います。小学校に入学した途端、宿題や習い事などで忙しくなり、このような時間は一気に減ってしまうと思います。

小学生になったからこそ、あえていろいろなものを触って感じて言葉で表現して…
といったことをたくさん経験して、言葉の土台を育てていってほしいなあ思っています。

ここからは、おうちで簡単にできる感触遊びワークをご紹介しますね^^

スポンサーリンク

とろとろしたものを触ってみよう!

とろとろしたものには、どんなものがあるでしょうか?

この質問ですぐに答えることができそうであれば、触ったものの感触と言葉のイメージは結びついています。もし、なかなか思いつかない場合は、実際にとろとろしたものを触ってもらいましょう!

リィーノでは、片栗粉を水で溶いたものを触りながら考えてもらいました^^

卵の入れ物やスポンジなど他の素材とも比べながら、触って感触を確かめています。

次に、他にもとろとろしたようなものがあるかを考えてもらいます。
最初は、触りながらゆっくりと考えさせてあげてください。
実際に触りながら考えることで、今までに体験したことのある記憶が引っ張り出しやすくなりますよ。

いつでも「赤いもの」ってどんなものがあるかな?

いつ見ても赤いものって何があるかな?赤い服、赤いボールなどはダメだよ。

最初は、お家の中にあるものや絵本などを見ながら、赤いものを探すところから始めてみてください。
なかなか探すことが難しいときは「のりもので赤いものは?」とお子さんの得意なものや興味のあるものの中から聞いてあげてみてくださいね^^
赤といえば…とイメージを広げていくことで、言葉で表現する力が育まれていきますよ。

丸い形のものをイメージしてみよう!

丸いものって、どんなものがあるかな?お部屋の中にないもので考えられるかな?

家の中や絵本の中から探さなくても思いつくようになってきたら、お子さんの力だけで思い出せるか挑戦してもらいましょう。

このワークに慣れてきたら、ママパパよりもたくさん思いつくか競争してみたり、イメージしたものを書き出した後にいくつ同じものを思いついたかビンゴ形式で遊んでみたり。
少しルールを変えて、家族やお友だちと楽しんでみてくださいね^^

言葉の力を育むためには?

言葉の専門家としては、言語聴覚士が知られていると思います。
言葉の相談をしに行ったのに、「作業療法が始まった…」という経験がある方もいるかもしれません。
実は、言葉の育ちには、7つの感覚と身体の育ちが大きく関わっています(下図参照)。

7つの感覚というのは、五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)と前庭覚、固有受容覚です。
これらの役割については、こちらの記事をお読みください。

つまり、感覚や姿勢・運動を育んでいくことで、言葉の土台が築かれていく可能性があるということです。そのため、言語療法よりも先に作業療法からスタートするというケースも少なくありません。
今回お伝えした感触あそびワークは、言葉の一番の土台となる「感覚」の部分にアプローチをしたものになります^^

子どもたちは、普段の生活や遊びの中で、いろんなものを触ったり、操作したりしていますよね。そのタイミングで、自然と大人たちからのさまざまな言葉がけを子どもたちは聞いているんです。

たとえば、

これ冷たいねぇ!
わあ!ふわふわだねぇ!

この感触を冷たいと言うのかあ。

ふわふわってこんな感触のことを言うのかあ。

といったように。
リアクションはないかもしれないけれど、大人からの言葉がけをもとに、触ったものの感触と言葉のマッチングを図っています。子どもたちは遊びの中で自然と学んでいるんですよ^^

リィーノっ子たちの成長

リィーノ学習サポートクラスでの様子


実際に、このワークを取り組み組んだ小学校4年生の生徒さんたちの成長話をご紹介させてください^^

問題です!ツルツルしたものってどんなものがあるでしょう?

(机やでこぼこの壁を触りながら)これってツルツル!?ツルツルやんな!?

あれやん。あれ。家にあるやん…

といった会話から始まりました。
これは、「ザラザラやなあ」「あれってどんな形してるものかなあ?」と一つずつ確認しながら進めていくこと3ヶ月。

問題です!チクチクしたものって何があるでしょう?

鉛筆の先!!(触りながら)これチクチクしてるよ!

うーん、あれやん。画びょうやったかなあ。

3ヶ月前は、言葉と感触のイメージが結びついていなかったリィーノっ子たちでしたが、さまざまな素材に触れて言葉で表す活動を繰り返すことで、実際に触ったり見たりしなくても、言葉からイメージができるようになっていきました^^

この力を育んでからは、算数の文章題の問われている意味が格段と分かるようになり、立てた式について説明することも上手になってきています。

学習サポートクラスで大切にしていること

リィーノの学習サポートクラスでは、プリント課題をどんどん進めていくというよりも「学習の基礎」に時間を費やします。
基礎というのは、基本的なこと、簡単なことといったものではなく、土台のこと。

小学○年生だからこのプリントをするといったものではなく、今回の感触遊びワークのように、お子さんが分かるところまでとことん戻って、その部分をしっかりと築き上げていきます。

なかなか学校のテストの点数があがるといった目に見えた成長を最初は感じにくいのですが、続けていくことでパズルのピースがはまったかのように、急に学力が伸びてくるお子さんがとても多いように感じます。これは、基礎をしっかりと築き上げたからこその成長だと考えています。

まとめ

では、今日のお話のおさらいです。

☑︎言葉は、7つの感覚と身体の使い方(姿勢・運動)を土台として育まれていく。
☑︎7つの感覚と身体を育んでいくことで、言葉の育ちにつながる可能性が高い!
☑︎実際にいろんな素材のものを触りながら、感触と言葉との結びつきを育もう!
☑︎赤いもの!丸いもの!など色や形をお題にして、おうちにあるものを探し回ってみよう!

「感触あそび=小さな子どもたちがするもの」というイメージがあるかもしれませんが、学習の土台になるものということを知っていただけたかなと思います。
紙の種類1つとっても、さまざまな素材のものが家の中にはきっとあるはず。
遊びながら楽しく言葉の土台を育んでもらえるきっかけになれば嬉しいです^^


スポンサーリンク
  • LINEで送る

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございます!

もし「役に立った」「参考になった」とか少しでも感じて頂けたなら、バナーをクリックしてブログランキング上位になるための応援をして頂けないでしょうか?
アナタのクリックが励みになります。また次の記事でお会いしましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へ