作業療法士

作業療法士に何を相談したらいいの?

  • LINEで送る

作業療法士さんに何を相談したらいいのか分かりません!
作業療法士ってどんなお仕事をしているの?

作業療法士さんは、子どもと遊んでいる様子の何を見ているの?遊んでるだけ?

こんな風に思われている方は多いのではないでしょうか。
堅苦しい名前の職業名だし、他にも理学療法士や言語聴覚士などいろんな職種がいてるので、混乱しますよね。

今回は作業療法士のお仕事とこんなことを出会ったら聞いたらいいんだよー^^
というお話をしていきたいと思います。

作業療法士ってどんなお仕事?

作業療法士は、国家資格です。
英語ではOccupational Therapistと言い、頭文字をとってOTさんとよく呼ばれています。

作業療法士は、生活で何か困っている方に対して、本人がやりたいことをできるように、本人が夢中になる活動を通してサポートする仕事です。
対象となる方は、赤ちゃん〜高齢者までの全世代。

つまり、生活に関わること全てが専門領域ということになります。
「作業」というの名前が付いていることもあり、手先の細かなことを練習するプロのように思われていますが、そうではないんです。
余計に何を相談したらいいのかが分からない!ってなりますよね笑

では、こんなことを聞いてもらったら答えられますよ♪
ということを子ども分野に絞って具体的にお伝えしたいと思います。

子ども分野の作業療法士に何を聞いたらいいの?

身体の使い方

作業療法士は、身体の使い方を見るプロ。
学生時代は、解剖学や生理学など身体の構造についての勉強をたくさんします。
また、運動発達という身体の動きがどう育っていくのかということも学びます。
何か身体の動かし方でぎこちなさを感じる場合は、相談してみてください^^

  • ジャンプができない
  • 椅子に座るとすぐに姿勢が崩れてしまう
  • 常に走り回っていて、じっとすることが苦手
  • ずっとクルクルと回っている
  • 砂遊びなど触る遊びを極端に嫌がる
  • なわとびをなかなか跳べるようにならない

身の回りのこと

作業療法士は、着替えや食事など身の回りのことに対するサポートのプロ。
例えば着替えをするとき、どんな風に手を動かし、着替えにはどんな工程が含まれているのかを細かく評価しています。
これは、他のリハビリの職種に比べると、作業療法士の専門性が高いところです。

  • お箸が上手に持てない
  • お茶碗を持って食べない
  • 着替えにとても時間がかかる
  • 服の前後が分からない
  • 靴紐が結べない

道具の使い方

道具を使ったり、細かな操作が必要となる活動へのサポートも作業療法士の得意な分野!
ここでようやく、“作業”という名前の力を発揮できます笑

  • 鉛筆が上手に持てない
  • はさみで線の上を切るのが苦手
  • 折り紙など製作あそびをすごく嫌がる
  • 不器用だ
  • 定規やコンパスなど学校で使う文房具が上手に使えない
  • リコーダーや太鼓など楽器を使うのが苦手

学習

作業療法士は、脳のお勉強も必須科目。だから、従来のやり方にこだわるのではなく、脳の使い方から学習のやりやすさを考えることができるんです。

  • 漢字がなかなか覚えられない
  • 3つ伝えると、必ず1つ抜けてしまう
  • 文章問題が苦手
  • 四則計算のやり方が定着しない
  • 字を書くことが苦手
  • ノートのマス目から文字が大きくはみ出しまう
  • 英単語が全く覚えられない

コミュニケーション

初めての人ばかりだったけど、チーム戦で運動したらすぐに仲良くなれたという経験ありませんか?これ、実は作業療法でよく使う手段なんです。
作業療法士は言葉だけでなく、様々な活動(作業)を使って、コミュニケーションの土台を築く専門家でもあります。
実は、精神科でも作業療法士は働いているんですよ^^

  • すぐお友達を叩いてしまう
  • 言葉が出ない
  • 暗黙の了解が分かりにくい
  • 見通しが持てない
  • 自分の思い通りにならないと、パニックになる

まとめ

いかがでしたか?
私がよく乳幼児健診や巡回相談で聞かれる質問を抜粋してみました。
この他にも、こんなこと聞いたらダメかな…と思わずに、悩まれていること・疑問に思っていることを聞いてみてください。
他の職種の方がより専門的な答えを教えてくれると判断した場合は、必ず繋いでくれると思います。

作業療法士は、結構何でも屋さんです笑

どこも作業療法を受けるのに待ちが長かったり、受けられる期間が決められていたりと、なかなか十分なサポートが受けられないことが多いと思います。
少しでも有意義な時間になるように、参考にして頂ければと思います。

今困っていることを少しでも楽になって頂くために、私たちは全力でサポートさせて頂いています。
一人で抱え込まず、お気軽にご相談くださいね^^

お子さまのこと、1人で抱え込まれていませんか?

「なぜ?」と思うお子さまの言動は、
お子さまからの「てつだって!」「どうしたらいいの?」という
SOSのサインなのかもしれません。

気になるお子さまの発達について、
経験豊富な作業療法士・保育士がお話を伺います!

どこにどう相談すればいいのか悩まれていませんか?
お気軽にご相談下さい。

初回無料相談実施中!

 

お問い合わせはこちら